お役立ち情報

愛犬の認知症は改善できる?どんな治療が施されるのか

認知症 改善

愛犬が認知症になったとき、多くの飼い主は慌てふためいてしまうでしょう。

今からでも遅くはありません。

認知症に改善策はあるのか、どんな治療が施されるのかチェックしておきましょう。

認知症の診断方法や改善法

犬の認知症が発症したとき、すぐに気付いてあげられるのは飼い主です。

  • ・いつもと様子が違うと思ったらすぐ動物病院へ
  • ・認知症診断を受ける
  • ・認知症の治療法を取り入れる

これを知っているのと知らないのとでは雲泥の差です。

犬の認知症診断方法

犬の認知症を診断するためには大きく分けて三つの方法があります。

疾患を抱えていないか確認

認知症ではなく、他の病気が隠れていないか確認する必要があります。

身体に疾患を抱えていることが認知症に似た症状を引き起こしてる可能性があるためです。

脳腫瘍を患っていると意識障害が起きて、夜中に遠吠えをするなど認知症に似た症状が見られます。

精神的な不安を抱えていないかどうか

犬の認知症は精神的な不安を抱えているときに見せる行動に似ていることがあります。

例えば、分離不安症などの不安症や恐怖症になると、本来トイレではない場所で排泄するなど、認知症に似た行動が見られます。

認知症の改善方法

認知症の改善方法は、完全に認知症を治すのではなくその状態を改善させたり、進行を遅らせる目的を持っています。

薬による改善

例えば、昼間によく眠るけど夜は寝ない場合、遠吠えなどの相乗が見られます。

この場合は、夜眠れるように補助的にお薬が処方されることがあります。

一般的にメラトニン、抗ヒスタミン薬などが処方されます。

健康補助食品による改善

薬に頼るほどではないけれど、不足している栄養素を補った方がいい状態のときもあります。

認知症の症状がでたときは、低品質の食事はさらに症状を悪化させてしまいます。

質のいい食事に変えてあげたり、オメガ3脂肪酸のサプリメントを与えてみましょう。

食事に関する改善方法は動物病院の主治医に相談しながら取り入れてみてください。

まとめ

犬の認知症の改善方法は、普段暮らしている環境を整えてあげることもおすすめです。

認知症になったからこそ過ごしやすい環境を整えてあげれば、愛犬も飼い主も認知症によるストレスを軽減させることができます。

子犬だったころと変わらぬ愛情をぜひ注いであげてください。