お役立ち情報

犬の認知症はどんな初期症状がでてくるの?飼い主なら知っておきたい豆知識

犬 認知症 初期症状

医学の発達によって、人間だけでなく動物の寿命も延びています。

そのため、認知症を患う犬も少なくありません。

もし愛犬が認知症になったら、その心配をなくすためにも認知症の初期症状についてぜひ学んでください。

見逃したくない認知症の初期症状

愛犬は大切な家族ですから、もしも認知症を患ったら初期症状を見逃さないように気を付けましょう。

  • 名前を呼んでも無反応
  • 丸く円を描くようにその場で歩くことがある
  • 自ら狭いところに入り込み、そこから動けなくなる
  • 夜中に鳴くようになる

これらは認知症の初期症状としてあげられるものです。

犬の認知症は早期発見で見つけてあげよう

犬の認知症は早期発見で症状の進行を遅らせることができます。

見逃さないで!こんな症状

認知症の初期症状にはいくつか共通店があります。

例えば、自分の家の近くなのに自分の家がどこなのか分からなくなったり、警戒心が以前似まして少なくなるのも認知症の初期症状です。

そのほか、留守番のとき家族が返ってきたのに以前ほど喜ばなくなったり、家族とスキンシップをしても喜びの表現が乏しくなるのも認知症初期症状として見逃してはいけません。

また、人間のように夜中に家の中を徘徊するのも、夜寝なくなるのも分かりやすい認知症の初期症状としてぜひ覚えておいてください。

ワガママになったわけじゃなく認知症の可能性あり

これまでしっかりしつけを守ってたのに、なぜか飼い主の言うことを聞かなくなったという場合も認知症の初期症状として疑ってみてください

一番わかりやすいのはトイレです。

トイレではない場所でおしっこやウンチをしてしまうなど粗相が多くなった時は認知症の初期症状サインかもしれません。

また、あんなに大好きだったお散歩をせがまなくなったときも実は認知症初期症状のひとつとして診断できます。

まとめ

愛犬が認知症の初期症状を発病したからといって、必要以上に心配になることはありません。

認知症の初期症状がでたら、早期発見、早期治療によって認知症の進行を遅らせることができます。

特別療養食にDHAやEPAが含まれたご飯を取り入れることも認知症の進行を遅らせるための予防ですので、ぜひ主治医と相談しながら愛犬の健康管理に努めましょう。

どうせ年を取ってきたのだからと諦めないでくださいね。