お役立ち情報

【犬が狭い隙間に入るのはなぜ?】認知症の犬はなぜ隙間から出てこないの?その原因とは!

犬 認知症 隙間

なぜ愛犬が狭い隙間に入り込むのか、飼い主としてはすごく気になりますよね。
今回は、なぜ認知症の犬は狭い隙間に入り外に出てこないのかをわかりやすく説明します。

犬が隙間に入りたがる理由4選

ここでは、なぜ犬は隙間に入りたがるののか、理由4つを分かりやすく解説します。

①認知症、シニア犬
②体調不良や不安がある
③狭い隙間で安心し落ち着きたいと思っている
⑤妊娠もしくは偽妊娠をしている

①認知症、シニア犬

認知症やシニア犬、加齢や病気の目に何らかの障害がある為、遊んでいてそのまま疲れ居眠りしてしまい、どこにいるのかがわからなくなったからです。

②体調不良や不安がある

体調不良や不安があるので、隠れて落ち着きを取り戻したいからです。

③狭い隙間で安心し落ち着きたいと思っている

犬も人間と同じで本能的に狭い隙間や自身の隠場所が単純に安心するからです。

④怖いことから逃げたいと思っている

大きい音、嫌なこと、プレッシャーがかかると人間も強いストレスを感じますよね。
犬も一緒で、大きな音、嫌なこと、プレッシャーがかかるとストレスを感じ狭い隙間に逃げ込み自分を守ろうとするからです。

⑤妊娠もしくは偽妊娠をしている

こちらはメス犬にしかありませんが、妊娠もしくは偽妊娠をしていると赤ちゃんを育てる場所として狭い場所を求めるからです。

特に次のような行動は、発情期が終わり大体2.3ヶ月経った頃に表れるため、しっかりケアしてあげましょう。

・落ち着きがなくソワソワする。
・床をガリガリと掘って巣を作ろうとする。
・ピーピーと切ない様子で鳴いている。
・乳が張り、母乳が出るようになる。

犬が隙間から出てこない理由2選

では、犬が隙間に入りなぜ出てこないかも気になってきますよね?
下記では、なぜ犬は出てこないのかを2選にまとめました。

①認知症、シニア犬
②病気、体調不良、妊娠

①認知症、シニア犬

認知症やシニア犬、目に障害がある犬に関しては、今どこにいるのかわからず脱出できない、体力が低下し脱出する力がなくなります。

上記の場合は、声掛けを行うか助けてあげましょう。

②病気、体調不良、妊娠

しっかりと様子を見守り、かかりつけ医や専門家に相談しましょう。

まとめ

なぜ愛犬が狭い隙間にはいるのか、なぜ狭い隙間から出てこないのか、原因は以下のとおりです。

・認知症、シニア犬で、居場所がわからなく、体力の低下で自力では抜け出せなくなった
・体調不良や不安があり隠れたいが、抜け出せなくなり助けてほしい
・狭い場所は安心するから、そっとしておいてほしい
・怖くて逃げ出したいから、隙間に隠れていて様子を見てほしい
・妊娠をしているので、出産後の子供の為に巣を作っている

妊娠や体調不良で心配であれば、病院や専門家に相談してみてくださいね。